≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





↓ランキングに参加しています!お手数ですが、よろしければ3つとも1日1回クリックをお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村


【カテゴリー:スポンサー広告 comments(-)

≫ EDIT

自分がやったUnity5の勉強方法

【関連記事】
Unityの基礎中の中を勉強した感想

とりあえず一通Unityの基本的なことを勉強したので、その勉強方法を書いていこうと思います。




Unityでゲームを作るには大きく分けて2つの知識が必要です。
(1)C#に関する知識
(2)Unityそのものに関する知識

の2つです。

(1)C#に関する知識というのはプログラミングに関する知識ということです。極端な話、Unityというのは画面に物を並べてそれらを制御するだけで立派なゲームが作れます。それらを制御するにはプログラミングの知識が必要です。

(2)Unityそのものに関する知識というのはUnityの扱い方に関する知識ということです。操作方法等です。

Unityではプログラミング言語にはC#とJavaScriptが使えますが、圧倒的に前者のC#をオススメします。理由は簡単で汎用性が高いからです。C#はマイクロソフトが考案したプログラミング言語なので、Windowsのプログラミングなどにも使えます。

Unity4まではこの2つの他にBooというプログラミング言語を使えたんですが、いかんせんマイナーな言語でUnity5からは採用されなくなりましたw

他には数学が知識が多少必要かと思います。といってもそんな難しい知識じゃ無くて高校レベルで平気です。例えば、座標の知識などは必須です。その他、ベクトルの知識などが必要かと思います。その程度なので大したことはありません。


私は2冊の本をベースに勉強しました。

1冊目がC#に関する本です

@C#の本


言うまでもないと思いますが、C#を扱える人はこの本を買う必要はないですし、わざわざ勉強する必要もないです。以下ではC#を知らない前提で話を進めます。

まずはUnityを勉強する前にC#から勉強したほうが良いと思います。理由はC#を知らないのにUnityを扱うと訳が分からなすぎて挫折すると思います笑。

この本はC#についてとても詳しく解説してありますが、実際、Unityで使う知識はこの半分以下だと思います笑。とはいっても一通りガッチリと勉強してもその知識は無駄にはなりません。Windowsプログラミングなどで活かせます。とりあえずUnityを扱う上では「クラス」の概念だけはしっかりと理解してください。

C#は知ら無くても他のプログラミング言語なら扱えるという人ならば、C#くらいはあっという間に理解できると思います。

因みに私はC言語、C++、Swiftを扱えるのでC#は3日で理解できました。



2冊目はUnity5に関する本です。

@Unity5の本


恐らく2015年8月30日現在、Unity5に関する解説本としては一番これが分かりやすいかと思います。サンプルゲームも多く載ってますし、解説も親切です。また、この手の解説本は誤字脱字が多い傾向があるんですが、この本に関しては目立ったものは発見できませんでした。

とりあえず、ここに載っているサンプルゲームを全て自分で作ってみます。分からないこともあるかと思いますが、そのときはググります。




これだけですw


でもここまでできれば、基本的なことは理解できると思います。あとは経験次第で色々なゲームが作れると思いますよ。



ノシ
関連記事



↓ランキングに参加しています!お手数ですが、よろしければ3つとも1日1回クリックをお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村


【カテゴリー:開発・発明系 コメント(0)

コメント







(コメントの削除依頼等は右下の「連絡先」にて承ります。)

前ページ || 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。